緊急避妊薬で回避

性行為後に、望まない妊娠を防ぐ為に服用する、医薬品があります。
有効成分レボノルゲストレル(Levonorgestrel)配合の緊急避妊薬です。
モーニングアフターピルとも呼ばれ、性行為後、72時間以内に1錠を服用するだけです。
24時間以内で95%,72時間で75%の妊娠回避効果が報告されている様です。
また、コンドーム不着用や、破損した場合などの事後ピルとして使用されます。
具体的には、放出された卵子の受精を防いだり、受精卵の着床を阻止します。

その殆んどが、タブレット状の錠剤タイプです。
海外医薬品で、人気の商品名はピル72、アイピル、ノルレボなどの名称で販売されています。

さらに、更年期障害などの医薬品の成分でもある、エチニルエストラジオールと混合し使用したりします。
女性ホルモンには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と、黄体ホルモン(プロジェステロン)が、あります。
これらは、卵胞ホルモンの配合量が少ない事から、低用量ピルと位置づけされています。
その中でも、レボノルゲストレルは、合成黄体ホルモン薬のことを意味しています。
一般的には、ピルやアフターピルと呼ばれています。